So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

松坂大輔がオープン戦に初登板しました。 [野球]

本日(3月4日)、9年ぶりに日本のマウンドで松坂大輔が登板しました。


対戦相手は、阪神タイガース甲子園です。
甲子園とゆうと、横浜高校時代を思い出しますね。
特に、平成10年夏の甲子園決勝戦でのノーヒットノーラン達成が記憶に残っています。


結果ですが、3回57球を投げて4安打、2奪三振、2四球、自責点0でした。
(最高球速は146キロ)

ちなみに今日は甲子園球場ですが、DH制での試合です。


・2度のピンチ!!

1回
・注目の初球は、鳥谷へ投げたストレートでした。
 球速は、139キロ。内角高めでボール。
・2球目は、137キロでセンターフライでワンアウトを取りました。
・二人目の上本には142キロのストレートで空振りの三振。
・三人目の西岡にはファーボールを与え出塁。
・ゴメスは、ショートゴロでアウト。

2回
・マートンに先頭打者ヒットを許す
・江越にはライト前ヒットを打たれ、無死1,2塁に
・横田はセカンドゴロで江越がセカンドでアウト。
 横田は1塁ぎりぎりセーフ
・横田の進塁失敗で2アウト
・梅野を外角低めのカットボールで見逃し三振

3回
・大和はレフトフライでアウト
・鳥谷、センタ-前ヒット
・上本ヒットエンドラン成功。1アウト、1塁・3塁になる
・西岡センターフライ。これで2アウト
・宮本盗塁で2塁へ
・ゴメスは四球で出塁。これで、2アウト満塁の大ピンチ!
・マートン、ショートゴロで2塁がアウト

これで満塁を無事にしのぎました。


試合後、記者のインタビューに答えて

マウンドは投げやすかった。
阪神ファンの方からも声をかけていただきうれしかった。
緊張というかフワフワしてうまく力が入らない感じでしたね。
やっと落ち着いて投げられた。力のあるボールがいき出したのでよかった。
最後のマウンドは、少し荒れましたけど、まあ、良かったです。

と、コメントを残しています。


工藤監督も、

初戦としては上々。
これからもまかしておいて大丈夫。
と、コメント。


今日の試合の山場は、3回のゴメスとマートンへの投球だと思いました。

明らかに、キャッチャーが構える場所にボールが行かず、
投球が乱れていたことが解ります。

ですが制球が良くなくても、無失点で押さえる当りはさすがベテランの貫禄です。
ボールには勢いがあったようで、最後はマートンを詰まらせていました。


マートンをゴロで討ち取った時、右手で左胸を軽くたたき、笑みを浮かべていました。
このホッとした感じが、印象的でした。


初登板なので、調子が良い、悪いは何とも言えませんが、
これから良くなって行くことを期待したいです。


肝心の試合結果ですが、3-0でソフトバンクが勝ちました。


松坂大輔が投げ抜いた、平成10年夏の甲子園の記録DVDです。
  ↓ ↓
DVD/スポーツ/熱闘甲子園 最強伝説 Vol.2
~「奇跡のバックホーム」から「平成の怪物」へ~




楽天市場へ

タグ:野球
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。