So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

黒田投手が広島に帰ってきた理由とは?Mrサンディーで黒田博樹投手の特集をしていました。 [野球]

Mrサンディーで黒田博樹投手の特集をしていました。

何故、広島に帰ってきたのか?

そこには、ファンと球団と黒田投手との間に絆がありました。


黒田投手.jpg
http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/26/hiroshima-...より引用


2006年FAの権利を行使せずに、広島に1年間残りました。
何故残ったのか?
そこには、ファンからの熱い気持ちがありました。


2005年のシーズン終盤のマウンドに向かう黒田投手を待っていたのは、
外野席に掲げられた、応援団の大横断幕でした。


我々は共に戦ってきた。
今までもこれからも
未来に輝くその日まで
君が涙を流すなら
君の涙になってやろう

Carpのエース 黒田博樹
全国広島カープ私設応援団連盟


と、書かれた横断幕の前には、
背番号の15を冠した大きな旗が有り、
これをファンが振りかざしていました。

それを観た黒田投手は、
1年間の広島残留を決めたそうです。

この当りのいきさつは、漫画にもなったそうですね。

*誰がために〜黒田博樹物語〜
(漫画:吉原基貴、原案協力・取材:戸塚啓)
ヤングアニマル(白泉社)に掲載 2007年7月


翌年の2008年は、大リーグのドジャースに移籍
それから7年間のメジャーでの活躍は皆さんご存じの通です。

黒田投手ですが、2007年のリーグ終了後、
カープファンが快く送り出してくれたことに大変感謝していました。


このメジャー7年間毎年、シーズンオフで帰国した時、
鈴木球団社長が個人的に会って一席持っていたそうです。

そこで、社長は毎回来シーズンの動向を聞いていました。


2014年の冬、鈴木社長が来年の動向を聞いた時、
黒田投手は、次のように答えたそうです。

引退40%
メジャー30%
カープ30%

う~ん、この段階で引退も考えていたのですね、ビックリしました。

引退をも考えていたので、最後に一花咲かせる場所は、
広島以外に無かったのですね。


今年の2回目の広島カープ入団記者会見の席上で、
「2006年、ファンの人たちに自分の心を動かしてもらった。
今度は、逆にファンの心を動かしたい」


この言葉ですが、この7年間を振り返ると、本当に心に響きます。
男前過ぎますね!!


所で、メジャーリーグは21億円のオファーを出していたそうですが、
アメリカ人には、これを蹴って給料の安い方へ行くことが解らないそうです。


黒田投手の「アメリカではエンジョイ出来なかった」
とのコメントがアメリカ人には本当に理解出来ないそうですね。


向こうでは、
お金をいっぱい稼げる=幸せなことでエンジョイしている事につながる。
と、ゲストの木村太郎さんがこのような趣旨のことを言っていました。


それを受けて宮根さんが、
「それがメジャーと野球の違いですね」
と、おっしゃっていました。


私も本当にそう思います。m(__)m

今年は、黒田投手の投球から目が離せません。

スポンサード リンク





nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。