So-net無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

羽生結弦 万全ではないが世界選手権2015へエントリー!何故世界選手権へ? [フィギュアスケート]

羽生結弦選手ですが、世界フィギュアスケート選手権2015(3月25日北京にて開催)
へエントリーする方向で、調整している事を明らかにしました。
(日本スケート連盟発表・3月18日)

羽生結弦.jpg

写真はhttp://www.skatingjapan.or.jp/national/detail.php?...より引用


昨年の尿膜管遺残症の手術後、練習を再開するも、
直後に右足首を捻挫していました。


まだまだ、右足首が万全で無いそうです。
国内で調整していく予定だそうですね。

調整が、まだまだなのでどこまで滑れるのか?
やはり気になりますね。

余計なプレッシャーをかけないように4回転ジャンプについては、
言及しませんでした。

これだけでも、調整遅れが推測出来ます。

*何故世界選手権へ?

まず、世界フィギュアスケート選手権とはどのような大会か?

国際スケート連盟(ISU)が主催して行う。
フィギュアスケート単独の大会としては世界最大の大会です。

種目は、男子・女子・ペア・アイスダンスの4種目

国際スケート連盟のランキング算出ポイントでも、
オリンピックと同等の高い格付けが与えられています。


各国の大会出場人数は最大3名で、この大会の成績で翌年の世界選手権
(オリンピック開催年度は、オリンピックへの出場権も)への出場人数が決められます。


前年の世界選手権へ誰も出場しなくても1名は出場できるそうです。


ちなみに2015年度の日本の出場枠は、次の通りです。

男子シングル:3人
女子シングル:3人
ペア:1組
アイスダンス:1組
合計で8枠確保しています。

この8枠は世界第4位です。

獲得枠上位は、
アメリカとロシアが11枠でTOP
カナダが10枠です。

日本がどれだけ頑張っているのかが解ります。

2014年は日本の埼玉で開催競れましたね。
その時の男子の成績は

1位:羽生結弦
2位:町田樹
3位:ハビエル・フェルンナンデス(スペイン)

今年の日本のエントリー選手は、
羽生結弦選手、小塚崇彦選手と無良崇人選手の3人です。

獲得ポイントも格式も高い大会ですので、
羽生選手としては、是非とも出場したいのだと思います。


今年の、上位3名はどの様な顔ぶれになるのか?
羽生選手の調子が気になりますが、頑張って欲しいものです。



スポンサード リンク




タグ:羽生結弦
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。