So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

富士山グラスは田島硝子のロックグラスのことです。スッキリ!で注目されました。 [ギフト]

田島硝子の富士山グラスが話題になっています。

3月18日に朝の情報番組のスッキリ!で紹介されてから、
注文が殺到して納品が6月以降になるそうです。

*富士山グラスって何?

田島硝子株式会社が自社工場で作製している、
江戸切子の技術を応用したグラスです。

職人さんが一つ一つ、手作りで作っています。

一番の特徴は、グラスの底に富士山がひっそりと
佇んでいるところですね。

富士山グラス.jpg
写真http://www.cocomita.com/2015/03/edokiriko/より引用


ちなみに真上からグラスをのぞき見ると、
富士山が綺麗に裾野を広げて迎えてくれます。


空のままのグラスを楽しむのも有りなのですが、
飲み物を注ぐと、もっと印象が大きく変わります。

グラスに注ぐ飲み物によりいろいろな景色を見せてくれます。

ウーロン茶を注ぐと、琥珀色の富士山が浮かび上がります。

紅茶を注ぐと赤富士が現れ、
ウイスキーを注げば黄金色に輝く富士山が浮かび上がります。

見ていてあきませんね。

この富士山ですが、厚底のグラスの底に形どられています。

富士山型の金型に溶かしたガラスを吹き上げる
「型吹き」という技法で造られています。
この型吹きですが、100年前からある技法だそうですね。


雪景色の所は、サンドブラストという方法で、研磨剤を吹き付け
硝子を削ることによって白地を作っています。

これ、底に指を入れると富士山の形を指でなぞることができます。

感覚でも、富士山が体感できるのですね。
見て、撫でて楽しめる。
一度で二度美味しいグラスです。(*^▽^*)

このグラスですが、その形と技術が評価され、
お土産グランプリ2015年で最優秀賞の観光庁長官賞を受賞しました。

お菓子や伝統工芸品478出品中で堂々の1位を獲得です。

値段ですが1個・5400円もします。(゜ロ゜屮)屮
安くは無いですね~!(^^ゞ

でも、1ヶ月間で5000個も売れるそうです。

中国や台湾からも注文が来るそうです。
日本土産としていいですね。

現在、富士山グラスは購入しにくくなっています。
ですが、田島硝子の他の商品は楽天市場で購入出来ます。


【伝統工芸】田島硝子 富士山祝盃
赤富士 TG13-013-1R 木箱入

 [PR 楽天市場]


スポンサード リンク





nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。