So-net無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

宮原知子がフィギュア世界選手権(2015年)で、身長をカバーし銀メダル獲得! [フィギュアスケート]

宮原知子さんがフィギュアスケート世界選手権2015(中国・上海)で、
銀メダルを獲得しましたね。

2日間合計で193.60点を獲得。自己最高得点だそうです。
(SPは67.02点、フリーは126.58点)
これで、日本は10大会連続で表彰台に上りました。

本郷理華は6位(合計184.58点)
村上佳菜子は7位(合計179.66点)

3人がそれぞれ頑張ったお陰で、
来年度の世界選手権の出場枠「3」を確保できました。


宮原知子.jpg
写真はhttp://matome.naver.jp/odai/2141983122356016601/21...より引用

宮原知子さんはインタビューに答えて、

「表彰台に乗ることは難しいと思っていたので
銀メダルを取れて嬉しい。
すぐに実感がわかなかった」

「フリーの演技が終わった後は、
もしかしたら3位にはなれるかなと思っていたので、
2位になれるとは思っていなかった。すごく嬉しい」

「いままでロシアの強い選手に勝ったことがなかったので、
今回2人に勝つことができて自信になった」

「シニアに上がって少ししか経っていない。
これからが本当のスタート。
長い道のりだが、もっと頑張りたい」

と、次の抱負を語っていました。

初出場で表彰台に立ったのは、
浅田真央さんの銀メダル以来(2007年)です。

宮原知子さんプロフィール

宮原知子(みやはら さとこ)
誕生日:1998年3月26日
(17歳になったばかりですね)
出身地:京都
身長:147cm
体重:35kg
血液型:B型
所属:関西大学高等部(スケート部所属)
料理好き
学力もトップクラス。
英検2級を持っており、英語は通訳無しでしゃべられます。

7歳まで、両親の仕事の都合で米国(ヒューストン)で生活。
スケートを始めたのは4歳の時。
両親にやってみる?と」いわれて始めたところ
楽しかったのでそのまま続ける。

性格は口少なく、引っ込み思案。
真面目な性格で、練習にもその姿勢が現れている。
いつまでも練習を続けるタイプだそうです。

ルッツとフリップを跳びわけ出来る選手と定評有り。

2014年成績
全日本選手権1位
4大陸選手権2位
GP NHK杯3位
GP スケートカナダ3位
Csロンバルディアトロフィー1位

ちっこいのに(失礼!)すばらしい成績を残していますね。
身体はやはり大きい方が、
演技=表現力の幅が広がるといわれています。

147cmで、世界相手によくぞ頑張っていると思います。

ちなみに
浅田真央さんは163cm、
村上佳菜子さんは162cm、
本郷理華さんは166cm
あります。

知子さん跳びぬけてちいさいですね。
でも、負けん気だけは人一倍なんだと思います。

そうでないと、試合をやる前から負けてしまいますもんね。

17歳なので、成長そろそろ終わりかな?と、思います。

これから、成長するとまた技のバランスを崩す事にならないか?
と少々気になります。
ですが、できればもう少し身長欲しいですね。

スタミナ切れが後半心配ですので、
体重ももう少し欲しい所です。

すいません。これらは無い物ねだりですね。m(__)m

でも、存在感はピカイチですので、
これからの活躍に期待します。\(^O^)/


スポンサード リンク




タグ:宮原知子
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。