So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

黒田投手のツーシーム、フロントドアとバックドアとは? [野球]

報道ステーションで、黒田投手のツーシームの
フロントドア」と「バックドア」を解説していました。

まず、ツーシームとは?

私も、知らなかったので調べてみました。m(__)m

シームとは、ボールの縫い目のことを指します。

ツーシームとは、読むとおりで「2つの縫い目」に、
指をかけて投げるボールの事を指します。

ストレートは、4つの縫い目に指をかけて投げます。
フォーシームと言うそうです。

4シームよりボールの回転数が少ない為、
沈み込むように落ちるそうです。
球速も微妙に変化する癖玉で、
シュート回転がかかるストレートと言われます。

ツーシーム.jpg
http://forever008.exblog.jp/21465399より引用しました。m(__)m

よく、
「打者の所で変化する」
という言い方をしますね。

ゴロを打たせる球です。

シュート回転がかかると、利き腕の方に球が曲がります。
黒田投手は、右利きなので右に曲がります。

*フロントドアとは?
ホームプレート上に家が建っていると仮定します。
家の正面玄関は、バッターの方に向いています。
左打者なら家の玄関は、ピッチャーから見て左向きです。

その、左向きの玄関に向かって投げ込む球を「フロントドア」と呼んでいます。
左打者に対し内角から変化する球のことですね。

フロントドア.jpg
http://akinomono.jp/blog-entry-4172.htmlより引用しましたm(__)m

*バックドアとは?
裏口の意味ですので、右打者に外角から内角に向かって
変化する球のことを「バックドア」と、呼んでいます。

この場合、家の正面玄関は向かって右側にあります。
その裏口に向かって投げ込むのでそう呼びます。

黒田投手初登板、7回の最終打者に向かって投げた球が
「バックドア」だそうです。

解説の稲葉さんが解説していました。
この球で、見逃し三振をとっていました。


コントロールが重要!

微妙に軌道が変化しながら球が進みます。
なので、コントロールが重要です。
コントロールがないと、ファーボールの山になります。
または、デッドボールを量産したりして....(^^ゞ

黒田投手は、
多少甘い球を投げても打ちにくいのでゴロになる。
なのでストライクを取りに行く時に投げる。
と、いった趣旨ことを言っていました。

*攻略方法は?
稲葉さん曰く、
甘く高めに入ってきた球を、
センター方向へフライを上げるように打つこと。
セオリー無視なのですが、それしか無いだろう。
と、言っていました。

本当に、攻略が難しい球なんですね。m(__)m


スポンサード リンク





タグ:黒田博樹
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。