So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

辰吉寿以輝 デビュー戦結果!果たしてその実力は?試合を観た感想です。 [ボクシング]

今日、4月16日 辰吉寿以輝(じゅいき、18歳、大阪帝拳)
選手がプロデビューしました。
試合を観た感想です。m(__)m

相手は、岩谷忠男選手(31歳)です。
アマ11戦で7勝4敗、プロ3戦で1勝2敗です。

岩谷選手、25歳からボクシングを始めた、
サラリーマンボクサーです。
心情的には、岩谷選手を応援したくなります。m(__)m


対する辰吉寿以輝選手は、これがボクシングデビュー戦です。
いままで、プロアマ通して実践経験無しだそうです。

辰吉寿以輝01.jpg
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2015040902000120.htmlより引用

ある意味、すごく無謀なことのように見えます。
なので、ボクシングファンの間から非常に注目されていました。

あ、辰吉寿以輝選手ですが、
あのWBC世界バンタム級の元王者、
辰吉丈一郎さんの次男です。

元チャンピオンのJr.だとゆうことでも、
注目を集めいていました。



*試合結果

2R、辰吉選手のKO勝ちでした。Σ(゚ω゚;)アラマッ!!


お父さんと同じ白いトランクスに昔風(失礼!!)の、
すねまで隠れるリングシューズを履いて登場しました。
頭はなんと金髪です。(^^ゞ

対する岩谷選手は、青一色です。

1Rは、岩谷選手がまず手を出します。
辰吉選手は、それを冷静にかわします。

1分半すぎから、打ち合いを始めました。
打ち合いの中でも、辰吉選手が冷静でしたね。

相手のパンチと距離を見合いながら、
ワンツーを入れていきます。
1R終了間際、ダウンを奪います。
岩谷選手ここは、ゴングに救われました。


2Rは、当初岩谷選手が、攻撃に出ます。
ですが、ダメージが残っているようで、
切れ味がありません。

そこに打ち合いで辰吉選手が答えます。
開始、1分で2回目のダウンを奪いました。
岩谷選手、かろうじて立ち上がり反撃に出ます。
ですが、辰吉選手の手数が勝りました。

ここで、レフリーが試合を止めました。


*私の試合を観ての感想です。
試合経験が無くてこの試合運び、
すごすぎます。( ・_・;)

なんか、余裕がありすぎました。
冷静でしたね。

もっと強い相手が出てきた時でも、
この冷静さが保てるか?
この点、気になりますね。

どちらにしても、楽しみな選手だと思います。
これからも応援します。m(__)m

追伸:お母さんがリングサイドで、祈るように観ていました。
寿以輝選手が勝った直後、顔を手で覆い泣いているようでしたね。

後のインタビューで答えていましたが、
お父さんの試合を観るよりもハラハラしたそうです。
やはりお母さんですね。(*^^)


スポンサード リンク





タグ:辰吉寿以輝
nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。