So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

羽生結弦選手、世界国別対抗戦フリーで1位!織田信成さんがジャンプの解説をしていました。 [フィギュアスケート]

羽生結弦選手フリーの演技では、
ジャンプ予定の回転数がたりなかったので、
急遽プログラムを変更していました。

織田信成さんが、報道ステーションで解説していました。

フィギュアスケート・世界国別対抗戦で羽生結弦選手(20歳・ANA)は、
SPに続き、フリーでも1位となる192.31点を出しましたね。
今季の自己ベストでした。

羽生結弦.jpg
http://www.skatingjapan.or.jp/national/detail.php?...より引用

2位のジェイソン・ブラウン(米)選手が、176.69点でしたので、
ダントツの1位です。

無良崇人選手も3位に入って、日本は暫定2位をキープ出来ました。


*織田信成さんの解説

報道ステーションで、次のように解説していました。

最初の予定
1:4サルコウ
2:4トゥループ
3:3フィリップ
4:3ルッツ-2トゥループ
5:3アクセル-3トゥループ
6:3アクセル-1ループ-3サルコウ
7:3ループ
8:3ルッツ

この予定で、プログラムを組んでしました。
ですが、②の4トゥループが回転不足で3トゥループになりました。
ここで、後のジャンプの構成をアドリブで変更したそうです。

変更後
1:4サルコウ
2:3トゥループ
3:3フィリップ
4:3ルッツ-2トゥループ
5:3アクセル-2トゥループ
6:3アクセル-1ループ-3サルコウ
7:3ループ
8:3ルッツ

*なぜ変更したのか?

この表上では、⑤番目のプログラムが変更になっています。

変更前:3アクセル-3トゥループ
変更後:3アクセル-2トゥループ

3トゥループを2トゥループへ変更したことにより、
⑧番目の3ルッツが0点にならずに済んだそうです。

同じ種類のジャンプを跳べても点数にならないのですね。

フィギュアではジャンプの種類にルールがあります。
同じ種類、同じ回転数のジャンプは2種類・2回まで!!
との規定があるそうなのですが、この表を見ても、
よく分かりませでした。スミマセンm(__)m

ちなみに織田信成さんは、
「僕は出来ません。
僕は、跳びすぎるんで0点になる事が多いです」
と言っていました。(^^ゞ


*②の4トゥループが成功していたら?

羽生選手本人も試合後のインタビューでこの点を話していましたが、
「成功していたら、200点を超えていたかな?と、思うと....」
やはり、1位になれたうれしさ半分、悔しさ半分といったところでしょうか?(^^ゞ

本日、女子とペアのフリーがありますね。
1位のアメリカと4点差です。

どこまで巻き返しが出来るか?
試合が楽しみです。

追記:
羽生選手、ジャンプもすごかったのですが、
ステップとスケーティングで観客を魅了しました。

特に前半のジャンプ演技が終わって後半のジャンプに入るまでの、
スケーティングがなにせすばらしかったです。
振り付けと流れが綺麗でした。

試合中なのに、会場が静かなんです!
観客一同が息をのんで演技に見せられていたのが印象的でした。

やはり、すごいですね。
魅せてくれます。m(__)m


スポンサード リンク





nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。