So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

室屋義秀さん。レッドブル・エアレースに出場する日本人パイロットです。どの様な人でしょうか? [人物]

5月16日・17日に日本で初開催される「レッドブル・エアレース」に
日本人パイロットが参戦しています。

*レース結果を下記に追記しました。m(__)m

室屋義秀さんなのですが、どの様な方なのでしょうか?
気になりましたので、調べてみました。(*^^)


プロフィール
室屋義秀(むろや・よしひで)
1973年1月27日生まれ
福島在住
中央大学在学中に米国で飛行ライセンスを取得
パイロット歴は20年以上になります。

yoshihide-muroya.jpg
http://www.redbull.com/jp/ja/athletes/1331591321893/yoshihide-muroyaより引用

*アクロバット飛行へのきっかっけ
1995年に但馬空港で開催されたエアロバティクスのショーを見て感動する。
それ以来、自身もエアロバティクスを訓練。

2002年にエアショーチームを設立。
2009年よりレッドブル・エアレースへ参戦。
レッドブル・エアレース側から勧誘を受けました。
エアレースへの参戦はアジア人初だそうです。

ふくしまスカイパークにNPO法人の「ふくしま飛行協会」を設立。
青少年を中心にして、航空文化への啓蒙運動をしています。

*空への憧れ
物心がついたときから、空へのあこがれが在ったそうです。

小学校時代の「アムロ・レイ」に始まって、
中学校時代は「トップ・ガン」にあこがれたそうですね。
映画「紅の豚」にも強い影響を受けたそうです。(^^ゞ

数年に1度、空へのあこがれを刺激されその度に
「空を飛びたい」という想いが大きくなったそうです。

大学も航空部がある中央大へ進学。
大学2年の時、バイトで100万円をためて渡米。
航空機の免許を取る為でした。

卒業時、バルブ崩壊で就職先が無ったそうです。
ですが、今振り返るとラッキーだったと言います。
なぜなら、この空への道しか残っていなかったからで、
強制的にこの道へ進むきっかけになりました。

*プロとして食えるようになったのはこの5、6年
レッドブルの支援があり、スポンサーを決めていただき
エアレースに参加したことがきっかけで、食えるようになりました。

航空機の維持費を捻出することも大変だったそうですね。
生活する為に航空関係の仕事だけではなく、いろいろしたようです。

今は、ようやく安定したそうですが、モータースポーツで生活するのは本当に大変だそうです。

*プロパイロットの定義
趣味やサイドビジネスでエアロバテックス競技をしている人は何人か居るそうですが、
これだけで食っている人は、世界でも数人しか居ないそうです。

趣味でしている人と違うのは、「準備と技術」だそうで、ここは明らかに違うそうです。

「プロとは、他のことを捨ててまで、競技でトップを奪うための努力と準備を重ねることでしょう」
と室屋さんはインタビューに答えて居ます。

*メンタルトレーニングもしています。
福島大の白石豊・教授に室屋さんからお願いして、
呼吸の仕方、生活の中で身体を整える方法などを教えて貰ったそうです。
座禅もその一環だそうで、座禅により「基礎を心の中に作る」そうです。

なるほで、プロとしての準備とはこのようなこともいうのですね。

エアレースですが、トッププロは誰もミスをし無いそうです。
その中で、1秒を争う。

面白いのは分かりますが、よほど自分のなかに規律を持っていないと、優勝するのは難しいですね。


*死の恐怖は感じないそうです

何でも、限界を超えない様にレース中もコントロールしているそうです。
だから限界を超えない限り、恐怖を感じることが無いそうです。

経験が少ないと、どこかで格好つけたり限界を超えても挑戦しようとする傾向があるそうですね。
なので、この競技はベテランの方が強い!と言っています。

練習でブラックアウト(*注)もわざと起こして、
限界を知ったそうです。
まさに、命がけですね。( ・_・;)

*注:ブラックアウト
急激なGのため脳の血管に血液が廻らなく、
気絶状態になる状態のことを言います。

また、レッドアウトという言葉もあります。
こちらは、視界が真っ赤になる症状だそうです。
これはGで目の血管に血液が集中する為に発症します。


*優勝よりも100%の力を出すことの方が大切

なんでも優勝することが良いことには違いないそうですが、
それよりも自分の力を100%出し切る事の方が大切だそうです。

100%の力を出し切っても、勝てるとは限らない。
それでも、100%の力を出し切ることで1番がとれるチームにしたいそうです。

なんだか、精神論を聞いているみたいですね。(^^ゞ

上記でも書きましたが、トッププロはミスをし無いそうなので、
勝つ為にはいつも100%の力をチーム全員が出せるようにならないといけない。
ということですね。

*勝敗を分けるものとは?
その中で勝敗を分けるものですが、
パイロットの腕と機体の性能が半々だそうです。

今回使用する機体は、Edge540_V3.5です。
全長6.3メートル、全幅7.44メートルのレッドブル・エアレース専用機です。
最高時速は時速370km、最大で10Gが機体とパイロットにかかります。


Edge540_V3.5.jpg
http://azby.fmworld.net/gpp/cs/article/392462/より引用

今回、日本に持ち込んだ機体は過去最高だそうで、
旧型機にくらべ機体の軽量化に成功しました。

旧型機より50kg軽くなったそうです。

何でも、カーボンファイバーの素材をより軽い物に変更、
接着剤の量も減少しました。

ボディのペイントも塗料を使わず、特殊フイルムに変更。
この部分だけで10kgほど軽くなったそうです。

旧型機にくらべ直線スピードが30Kmほど早いそうです。
1秒から1.5秒違うそうですね。

機体の値段ですが、ベースの機体が5000万円します。
それに改造費でさらに5000万円かかりました。(ノ^^)ノ

ちなみに、エンジンとプロペラは、各チーム同じ物を使っています。
このエンジンとプロペラ、抽選で各チームに割り当てられたそうですよ。

出来不出来での、不公平をなくす為の処置ですね。

エンジンとプロペラですが、改造は禁止だそうです。
チューニングだけOK!です。


*表彰台をねらう

今回の日本戦に限り、「ブライトリング・レーシングチーム」のメンバーとして出場するそうです。

ブライトリング社は大会オフィシャルタイムキーパーの時計メーカーです。

今回ですが、優勝!とは言いませんが、表彰台が狙えるのではないでしょうか?

これまでの最高順位は2014年にクロアチア大会で獲得した3位です。

室屋選手ですが、4年ほど前から幕張海岸を飛んでいるそうで、
「レースと同じ時間に、コースを飛んでいるのは有利。リラックスしてレースに望める」
と言っていました。

せっかくの日本での開催です。
今回ばかりは、表彰台を狙って欲しいと思います。


レッドブル・エアレース
千葉 2015 公式完全ガイドブック

[PR楽天市場]


追記:レッドブル・エアレース結果

試合当日は天候にも恵まれ12万人を集めて開催されました。

優勝はイギリスのポール・ボノム選手(51.502秒)でした。

2位のマット・ホール選手(オーストラリア)を0.382秒の僅差で抑え優勝。
通算17勝目です。さすがに強いですね!(*^^)

3位はマティアス・ドルダラー選手(ドイツ)でした。

室屋選手はオーバーGの為失格となりました。
そのためラウンド・オブ・8止まりとなりました。

オーバーGをしなければ、決勝のラウンド・オブ・4に
出場できたかも知れませんでしたので惜しかったです。

*マクハリ・ターン
レース中、10Gを超えるとオーバーGとなり失格となります。

今回の幕張のコースですが、2度の180度旋回するターンがありました。
これ「マクハリ・ターン」と呼ばれました。

このターンがくせ者で、スピードが載りすぎるのです。

ターンは、早く廻れば廻るほど高いGがかかります。
室屋選手ここで、少しでも早く廻ろうとして規定の10Gをオーバーしたそうです。
幕張のコースがシンプルで高速コースだったので起こったオーバーGでした。

なお室屋選手は、初戦となるラウンド・オブ・14において
50.779秒のコースレコードを叩き出していました。

このことからも、本当に惜しかった!と思います。

言訳ですが、新型機だったことと、表彰台に乗りたい!という欲が少し出たかな?と思いました。
実力の101%を出してしまった!と感じました。

来年も行われるのなら、ぜひ、表彰台に載って欲しいものです。m(__)m

スポンサード リンク





関連記事:レッドブル・エアレース 千葉市の幕張海岸で日本初開催!空のF1とはどの様なレース?
nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。