So-net無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

トワイライトエクスプレス復活!コースと値段は?車両編成も気になりますね! [鉄道]

3月に運行を終了したトワイライトエクスプレス(大阪ー札幌間)ですが
団体専用列車として臨時復活しました。
旅行代金が話題になっていますね。


トワイライトエクスプレスですが、5月16日に団体臨時列車として復活しましたね。
5月16日の大阪駅の出発式には500人ほどの鉄道ファンが集まりました。


トワイライトエクスプレス002.jpg
http://www.sankei.com/west/news/150516/wst1505160035-n1.htmlより引用

*新ルート
気になる今回のコースですが、午前10時に大阪駅を出発し琵琶湖を1周。
山陽線を走り翌日の3時に下関駅に到着します。

ここから折り返し、ふたたび大阪駅を目指して山陽線を走ります。
大阪駅から琵琶湖を1周し京都駅が終点になります。京都駅は翌日の午後6時に到着します。

下り:大阪発→下関着 約29時間
上り:下関発→京都着 約31時間
2泊3日、60時間の旅です。

季節により、コースは変更になります。
5月~6月は「山陽コース」を廻ります。
7月からは、山陽コースに加えて山陰を廻るコースも新設します。
岡山から伯備線に入り日本海沿いを運行するルートを予定しています。

*「スイート」「ロイヤル」のみの客席
客席は「スイート」と「ロイヤル」のみです。
なので、定員はわずか40人!!

ちなみにスイートはA寝台2人用個室です。
ロイヤルはA寝台1人用個室となります。

従来の客室編成では、B寝台扱いのツインやシングルツインも入れて1編成、10車両(電源車含む)で運行していました。

現役時代3編成を運行していましたが今回、それらの2号車だけを集めて、3両プラス1号車となる客車を足して4両のスイート・ロイヤル編成にして運行しているそうです。

車両編成

下関←「電源車」+「乗務員室」+「食堂車」+「サロンカー」+「スイート・ロイヤル」+
「スイート・ロイヤル」+「スイート・ロイヤル」+「スイート・ロイヤル」→大阪

そして、全室プライベートシャワー・洗面・トイレ完備!(゚Д゚)

何とも贅沢な編成です。

ツアー料金は30万~35万円!!(゜ロ゜屮)屮

定員40人ですので、高いだろうな~と思っていましたけども、
はい、ビックリする金額でした。(^^ゞ


トワイライトエクスプレス.png
http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/20150323_694191.htmlより引用


半日コーもスあります。
行きは新幹線で下関まで行きます。
上りだけ(下関→京都)に乗車する、1泊2日のコースも在るそうです。
半分でも20万円もかかります。
でも、この半分コースですが、座席数少なそうですね。

阪急交通社さんは、この上りの座席を全部借り切りで、
ツアーを組んでいました。
新幹線で、広島駅から博多まで行き博多で1泊し翌日に下関から乗車。
京都駅までの上りコースの価格はなんと35万円でした。(^^ゞ

これ、初回は完売したそうですね。


*料理もこだわっています。
新トワイライトエクスプレスは、食事もこだわっているそうです。
基本は洋食なのですが、今回山陽線をとおるので瀬戸内海を意識した
食材を使って料理を作っています。

以下、詳しいページが在りましたので引用します。

引用ここから。

新「トワイライト」、「疲れない」が料理のポイント
「瀬戸内」が意識された“特別なトワイライト”のフランス料理フルコースディナー

一粒で二度美味しいディナー

 食堂車で味わえるディナーは、大阪と札幌を結んでいた
従来の「トワイライト」でも人気だったフランス料理です。

しかし“特別なトワイライト”では品数が増えたほか、
京阪神から瀬戸内海沿いに下関へ向かう「山陽ルート」で運転されることから、
瀬戸内を意識した構成にされています。

その内容は以下の通りです。

香川県産ホワイトアスパラとキャビア
香川県産マダコのベーニエ
ブルーチーズのコルネ
明石産穴子と加茂茄子のミルフィーユ 山椒風味
自家製コンソメゼリーと淡路産玉ねぎのヴルーテ
海の幸の恵み~ブイヤベース~
但馬牛のグリエと山口県産地鶏「長州黒かしわ」のオーブン焼き
「マール・ブランシュ」特製デザート
プチフール
食後のコーヒー

ジェイアール西日本フードサービスネットの伊福部さんは、
「ブイヤベースが今回の目玉」と話します。
このブイヤベース、食べ方がちょっと変わっていて、
まず最初はあっさりした野菜のスープと、
軽くしゃぶしゃぶした程度のお魚を合わせていただきます。

そののち、乗務員がワゴンで各テーブルへ。
伊勢エビとその殻からとられた濃厚なスープが、そこへ足されるという形です。
「ひとつの料理で味の変化を楽しんでいただきます」
(ジェイアール西日本フードサービスネット、伊福部さん)

引用ここまで。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00010001-norimono-bus_all&p=1
以上、乗り物ニュースより引用しました。m(__)m

2日目の朝食もこだわっており、野菜が主役の朝食だそうです。
野菜を中心にして少量多品種で、お客様を迎えるそうです。

2日目は体調の変化に対しての優しい気遣いですね。
オリジナルジャムはお持ち帰りOK!だそうです。

やはり年配の旅行者が多いとの事ですかね?(*^^)

料金も高いのですが、人気も高く、予約結構埋まっているようです。

新型寝台車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が2017年に運行開始されます。
今回の臨時列車は、それまでのつなぎの感が強いですね。

もう少しだけ、今のトワイライトを楽しむといたしましょう。m(__)m

スポンサード リンク




nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。