So-net無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

篠原ともえさん。久しぶりにシノラー姿を披露!シノラーを封印していたのは? [芸能]

篠原ともえさん、久しぶりに「シノラー」姿を披露していました。

篠原ともえさんといえば、はではでな原色を使った衣装に、
原色をつかった派手なアクセサリー、
ぱっつん前髪にお団子頭といった印象がありました。\(^O^)/


ですが、ここ数年、落ち着いた篠原さんにイメージチェンジしていました。
ぐっと、大人びた落ち着いた雰囲気の篠原です。
ですが、6/8のinstagramでシノラー姿を久しぶりに披露しました。
披露した背景は?少し気になったので調べてみました。(*^^)


篠原ともえ02.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20130705/357075/?P=4より引用

*シノラーを卒業した理由
もう一つの夢「デザイナー」に挑戦する為。

何でも、幼いころから「歌って踊れるデザイナー」を目指して居たそうですね。

最後のレギュラー番組「LOVE LOVE愛してる」(フジテレビ系、1996年~2001年)終了後、
デザイン系の専門学校に通ったり、色彩検定のために勉強したりしていました。

ちなみに2001年3月、文化女子大学短期大学部・服装学科を卒業しています。
芸能活動をしながら、デザイナーの勉強をしていたことが解ります。

「2001年以降、デザインの勉強だけではなく、映画館や美術館を巡ったり、
1週間の短期留学をしたりして自身の知識の引き出しを増やした」
とインタビューで答えていました。

それが、実を結んだのが2014年の松任谷由実コンサート
「POP CLASSICO」の衣装デザイン担当です。

「打ち合わせの時に『あの映画のこういうシーンのような感じ』と言われたときに、それがすべて理解できて、そこからアイディアを発展させる対応ができたんです。もし知識の栄養をチャージする時間を持っていなかったら、質問だらけで話にさえついていけなかったと思います」

このインタビューは、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000012-wordleaf-ent&p=1より一部引用しました。m(__)m

2015年には、コンテンポラリーダンス公演
「近藤良平のモダン・タイムス」衣装ディレクターもしています。

ユーミンのコンサートの衣装担当。ってすごい!!(゜д゜)
地道な活動が認められた証ですね。

*シノラー復活の理由
舞台に出演した一環のようです。

6月6日と7日にお笑いトリオ「東京03」による舞台
「取り返しのつかない姿」(赤坂ACTシアター)に友情出演しました。

その時の、舞台衣装でした。

その舞台衣装を自身のインスタグラムで披露していました。
「舞台でシノラーしましたっ☆アクセサリーは当時のシノラーグッズ♪ぐふぅ☆」
と、コメントを残しています。

篠原ともえ01.jpg
https://instagram.com/shinoharatomoe/より引用

この画像で見て
「シノラーそのもの!」
「さすが本家!」
といった声が上がっています。

私の感想は、シノラーが綺麗になった!です。
なんか、大人っぽいシノラーに感心しました。(ノ^^)ノ

追記:TBSドラマ「ウロボロス」にも科捜研の基曜子役で出演していましたね。
白衣が似合っていました。
篠原さん懐が深いですね。


スポンサード リンク




nice!(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。