So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

なでしこジャパン、オウンゴールで決勝進出!カナダ女子W杯準決勝の感想と決勝のアメリカ要注意人物3人について! [サッカー]

2015年FIFAワールドカップ カナダ女子大会 準決勝なでしこ勝利!

準決勝はの勝敗はなんとオウンゴール!でした。
日本 2 対 1 イングランド で日本勝利でした。\(^O^)/

先制は、日本の宮間選手のPKでした。(前半33分)
前半40分に、イングランドのPKで1点取られ1-1の同点に。
アディショナルタイム中に相手イングランドのオウンゴールで、2-1になり勝ち越し。
そのまま試合終了です。

どちらも、自力でのゴールが出来ませんでした。
アメリカ戦で気になるのは、ここですね。m(__)m

なでしこジャパン.jpg
http://www.jfa.jp/news/00006594/より引用

*オウンゴール



最後の相手のオウンゴールは、DFのバセット選手がしてしまったのですが、
ゴール前に上がったクロスボールの処理ミスでした。
バセット選手の前に大儀見選手(だったと思います。違っていたらスミマセンm(__)m)が、
いたのでそれにボールを渡さないようにした結果でした。

アディショナルタイム中、残り1分ぐらいのことでした。

勝利はなでしこが最後までプレッシャーをかけ続けた結果ですね。

男女合わせてワールドカップで、
アディショナルタイム中のオウンゴールで試合終了は、
今回が初めてではないか?とのことです。

アディショナルタイムと言えば、ドーハの悲劇を思い出します。
あの時も、全選手が意気消沈しました。
試合終了後、監督とイングランドの選手が泣き崩れるバセット選手に、
集まっていました。
バセット選手、悔やまれるでしょうね。

*なでしこのもう一人のヒーロー



試合を観ていて、なでしこ勝利のもう一人のヒーローが、
GKの海堀あゆみ選手です。

後半、18分に相手のシュートを右側に横飛びでダイビングしながら、
大きく開いた右手一本で防いでいました。

これ、まともにゴールの左隅に入るコースだったので、
はじき出していなければ、得点になっていたと思います。

ここで、点を取られているとこの試合、どうなっていたかは解りませんでしたね。


*決勝の対アメリカ戦



イングランドは、身長があるので、長い縦パス1本をばんばん、入れてきました。
なでしこは、これに対応するのに身体ごと当てって行ました。

この戦法で押し込まれる場面が何度もありました。

次の、アメリカも身体ごと押し込んでくるチームです。

今日の試合、参考になりますかね?

得点力は、アメリカの方が上なので、一瞬でも気を抜くとそこで、負けですね。
アメリカがその付けいる隙を見逃してくれるとは思えないので...(^^ゞ

次の試合楽しみです。(ノ^^)ノ

ニュースで、アメリカ要注意選手を3人上げていました。

1.カルリ・ロイド(32歳)
MF、背番号10
今大会のゴール数3位
今大会のアシスト数1位

2.ホープ・ソロ(33歳)
GK、背番号1
アメリカ代表歴15年
前回大会の最優秀ゴールキーパー

3.アビー・ワンバック(35歳)
FW、背番号20
世界最多得点記録保持者

もう一人大注目は、

アレックス・モーガン(25歳)
FW、背番号13
ドリブルのスピード、シュートがすごく正確です。
カルリ・ロイド選手とのワン・ツーが正確ですごいそうです!

モーガン選手にボールを待たせて走らせたら駄目!と解説者皆が言います。
(今日、1日で3人の解説者が同じ事を言っていました)

要注意ですね。(・_・)

こうしてみると、やはり、すごいですね!

ワンバック選手ですが、今大会は控え選手だそうです。
攻撃のリズムを変えたいときに、登場する機会が多いそうです。

それに比べて、沢選手は、守りを固めるときに登場します。

アビー・ワンバック VS 沢選手と岩渕真奈選手の対戦を是非みたいです。
頑張れ、日本!!\(^O^)/


スポンサード リンク




関連記事:なでしこジャパン!カナダ女子W杯決勝アメリカ戦でカリル・ロイド選手にやられました!感想です。
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。