So-net無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

ぶっちゃけ寺 欽ちゃん(萩本欽一さん)の大学受験秘話が興味深かったです。前編 ~大学受験 動機編~ [バラエティ]

ぶっちゃけ寺 3時間SP(7/6)で、萩本欽一(欽ちゃん)の大学受験秘話を放送していました。
74歳で大学に受かるコツを紹介。
そのコツと受験の動機が興味深かったです。

ぶっちゃけ寺!.jpg
http://www.tv-asahi.co.jp/bucchakeji/より引用

萩本欽一(74歳)さんですが、
74歳で駒澤大学・仏教学科にこの春合格し、
現在大学に通っています。

週5~6日間、大学に通っているそうです。

大学では同級生達が、階段の上り下りを助けてくれたり、
雨が降ったら傘を貸してくれたりしてくれるそうですよ。

「最近の若い者は親切で優しい。感心しました」

と言っていました。

仏教学科の学生さんはナンパするの?の質問に、

「ナンパしない!5時には、修行があるので帰りますね。
そんな、時間が無いですね。」

ちなみに、今は仏教の歴史を勉強しているそうですよ。
「仏教のすてきな教えをおしえてくれると思ったのに、難し事ばかりで解らない」
とぼやいていました。(^^ゞ

キャンパスライフを楽しんでいますね。(*^^)

なぜ、大学を受験しようと思ったのか?なぜ仏教系の大学なのか?
そして、その勉強方法は?これらが大変興味深かったです。


*老化が始まりでした



欽ちゃんは、今年で74歳になります。
(1941年5月7日生まれ)
大学を受験しようと思ったきっかけが切実でした。
それは、老化でした。

欽ちゃんの老化ですが、2つ危機感がありました。
1.人の名前を忘れる
2.数字に弱くなる

1.人の名前を忘れるですが、有る舞台で共演者の名前を
最初から最後まで間違って呼んでいたことが在ったそうです。
その時はしゃれで済んだそうですが、欽ちゃんにとってはショックでした。

2.数字に弱くなるは、タクシーに乗ったとき
運賃1550円の所、2000円を出しながら、
おつりは500円で良いよ。
と言ったそうです。

ちょっとしたことですが、衰えを感じたそうですよ!


*なぜ受験をしようと思ったのか?



欽ちゃん、衰えを感じてこれを克服するにはどうしたら良いのか?と悩みました。

物忘れは止めることが出来ない。
なので、忘れる以上に物を覚えたらどうだろうか?
と考えたそうです。

忘れる=マイナスなので、マイナス以上に足していけばいい!

欽ちゃんらしい考えですね。
そして、物を覚えるのには、大学受験を受ければ一番良いのでは?
との考えにたどり着いたと言っていました。(^^ゞ
その通なのですが、やってみようという気持ちがすごいですね。
普通、思っても、なかなか受験まではしないと思います。
すごいでね!(*^^)

*脳に負荷を掛けよう!



脳科学の専門家の茂木健一郎先生は、
「記憶の衰えは、記憶を引き出す能力が低下しているからです」
と言います。

脳は記憶しているのですが、
それを引き出す能力が衰えるため物忘れにつながるそうです。

これを防止するには、トレーニングで回避出来ると茂木先生は言います。

トレーニングとは、脳に負荷を掛けること!

習い事をしたり受験勉強をすることは一番、効果が高いそうで、
脳に良い負荷が掛けられます。
これは何歳になっても鍛えることが出来る。
と言います。

欽ちゃんが、大学受験を選んだのは理に適っていました。(・_・)(._.)


*なぜ仏教系の大学を選んだのか?



駒澤大学の仏教学科を受験したのですが、なぜ仏教学科?
と思いませんか?
この理由も欽ちゃんらしかったです。(^▽^)

その理由ですが、
何か、スピーチしないといけない時に気の利いたことを話したい。
それには、仏様の言葉などを話せればいいな。
と思ったそうです。(^^ゞ

番組ではこう言っていましたが、それだけかな?とも思いましたね。
もう少し、奥深い事を考えたのでは?と、私は感じました。

*合格発表に助っ人を呼んだ


工夫と努力に満ちた合格までの道のりは、後編の~大学受験 勉強編~をご覧下さい。m(__)m

勉強が終わり、あとは、合格発表を待つばかりです。
合格発表は郵送で送られてきました。

合格しているとは思っていなかったので、
封筒を前にしてどうやって開けるのか?考えました。

一人で見るのは面白くない!助っ人を呼ぼう!
そう思い、欽ちゃんファミリーの「あさりどの川本成」さんを呼び出しました。

やって来た川本さんに開封して、見てくれと頼みました。

でも、ここからが欽ちゃん流です。

不合格なら、これを鳴らしてくれ。
と言って、仮装大会の合否のランプを出してきました。

仮装大会で、ランプが上がって合否を判定するアレです。(^_^)
それのおもちゃを取り出して川本さんの前に置きました。

不合格なら、これをチーンと鳴らしてくれと。

合格なら?

「うちにおいで」と言って。

見事、川本さんに「うちにおいで」と言ってもらいました。

欽ちゃんのこの時に感想ですが、
「(合格自体は)たいして嬉しいと感じなかった。でも『うちにおいで』と言われて、小さなガッツポーズを取り泣きそうになった」
と言っていました。
「思ったよりうれしい出来事だった」
とも。

この時、初めて奥さんに電話したそうです。
奥さんの反応は、
「誰が? いつ? ウソー!」
最初、信じてもらえなかったようですね。(^^ゞ
(後編~大学受験 勉強編~に続きます)


スポンサード リンク




関連記事:ぶっちゃけ寺 欽ちゃん(萩本欽一さん)の大学受験秘話が興味深かったです。後編 ~大学受験 勉強編~
nice!(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。