So-net無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

IVANがホームレス時代を告白。しくじり先生で4ヶ月間の体験を語る。なぜ路上で生活? [芸能]

しくじり先生(8/18)に先生として出演したIVAN先生。
4ヶ月間、路上生活の様子を詳細に説明しました。
路上生活時代になんと○○Kgも太ったとも!!(^^ゞ

IVAN.jpg
http://dimora.jp/talent-info/1/248604/?areaId=03より引用

*なぜ路上生活者になったのか?



全ては「個性的=格好いい」をはき違えたからといいました。

当時、パリコレの男性モデルまで務めたIVANさんですが、
同時にロックバンドも結成して音楽活動をしていました。
モデル活動+ロックバンド=個性的で超格好いい。
とはき違えていたそうです。

ロックバンドの活動をもっと優先したいが為に、
モデル事務所を勝手に辞めます。

そして、音楽事務所に乗り換えました。
ですが、音楽事務所です。
モデル活動のサポートはしてくれませんでした。

なんだかんだあり、全てが嫌になったIVANさんは、
この音楽事務所も勝手に飛び出します。

当時、音楽事務所の寮に住んでいました。
そこを、無断で出ます。
そしてそのまま、音信不通になりました。
24歳の時のことでした。

今までの、繋がりの一切を切りたかったそうです。
所持金50万円を持って、ネットカフェで生活を始めます。
携帯は誰とも連絡を取りたくなかったので、持っていませんでした。

50万円あれば、格安のアパートを借りることが出来ます。
ですが、一切そのような事は考えませんでした。

「住む家がない追い込まれた俺=格好いい」
と、思ったそうです。

このネットカフェで、ドンペリを空けて一人で飲んでいた。
と、告白していました。
まあ、アホですね。(^^ゞ

IVANさんも愚かなことをした。
と重々反省しているらしく、
何度も、関係者さんに謝っていました。

そしていよいよ、所持金が無くなり、路上生活を始めます。


*路上生活の先輩に弟子入りしました



IVANさん、路上生活の方法がわかりませんでした。
まあ、普通はそうですね。
まずは公園で暮らそう!と思い、浅草の公園に向かいました。
浅草を選んだのは、人情味が溢れる街と思いっていたからでした。

そこで、偶然出会った浅草の路上生活者の先輩に弟子入りします。
その先輩から路上で生活する方法を学びました。


*路上での生活



・その1:寝やすい場所を覚える
安全に寝られる場所を確保するのが、
俺ら=先輩達にとって一番重要な事だと教えられました。

この「安全に寝られる場所」がポイントです。
路上生活者は寝る時の安全確保が重要です。
良い場所は取り合いになります。
なので、場所取りも大切な仕事の一つでした。

あと、路上生活者同士にも縄張りがあります。
これを、破るとそのグループのリーダー同士での喧嘩にもつながります。

IVANさんも、このルールを知らないうちに破り、
リーダー同士の喧嘩になったそうです。
この時は、IVANさんが謝ってなんとかこの場が収まりました。


*寝床にも工夫がありました。

段ボールで寝床を作ります。
その段ボールは、2重構造でした。

下の段には、身体の形に合った、でこぼこの使い古した、
段ボールを使います。
その上に、新しい段ボールを敷きます。
上の段ボールは、1週間ぐらいで交換します。

言われてみるとへー。という感じですね。


・その2:食料の確保

この食料の確保ですが、そんなに困らなかったそうです。

なぜか?
曜日によって、ボランティアの方が炊き出しをしてくれたり、
教会の方が、パンと牛乳を出してくれたりしたそうです。

炊き出しでは、おにぎりと豚汁が出たそうですよ。
場所によっては、パスタやカツ丼が出たことも!!(゚д゚)

IVANさん路上生活中に、10Kgも太った。と言っていました。
これは、モデル時代の7年間、炭水化物を一切、食べなかった反動です。
と説明していました。

この太った!には、なんだかな~と思いました。(^^ゞ


・その3:自分が教わったことを、後輩に教えてあげる

路上生活者の生活ですが、上下関係に年齢は全然関係無いそうです。
1日でも長くこの生活を始めた人が、先輩です。
先輩は、後輩に生活方法を教えてあげないといけません。

今度は、IVANさんが後輩に教える番でした。
2人の年配の後輩が出来たそうですよ!
40歳と50歳だったそうです。

40歳代で路上生活者には、少々驚きました。m(__)m


・その4:現金を稼ぐ為に、バイトをしました。

現金収入を得る為に、バイトをしたそうです。
・ライブの警備員
・商品の梱包
・街の清掃
・ビルの解体

これも、感心しましたね。
全て日雇いのバイトですね。
体力があれば、現金収入の道があるんですね。


*体力と気力の限界が来ました



炊き出しに並んでいる時、厚さの為に倒れました。
熱中症でした。
病院に運ばれ点滴を打たれます。

路上生活を始めて4ヶ月、体力と気力の限界が来ました。

動けるようになった時、無意識のうちに、
幼少時代に過ごした、草加市へ向かっていました。

約15kmを歩いて、草加市の街へ。
街をぶらつき、懐かしい公園で一人ぼーとします。

街には、誰も知っている人はいません。
その時、声をかける人がいました。
声に気がつき、その人を見ると、母がそこに立っていました。

母も、音信不通になったIVANを心配して、外国から日本へ来てずっと探していたそうです。
IVANさん路上生活をこれで抜け出せました。

100円のありがたさが、身に染みたと言います。
それと、人のありがたさにもようやく気がついたとも。

「格好いいと思って出す個性は超ダサイ」
「個性は狙って出す物では無く自然についてくるもの」

それでも、個性を求める君へ

「自分の個性を見つけて磨く努力をしよう」

そう言って閉めていました。


*最後に



人と違う=個性的=超格好いい!では無いです。
これが一番に言いたかったことでした。

「これ、中2病ですね」
と伊集院光さんにつ込みを入れられていたのですが、
その通と思いました。

でも、これは通ってこないとわかりません。
人それぞれ、大なり小なりあるかな?と思いました。m(__)m


スポンサード リンク




nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。