So-net無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

ビリギャル先生(坪田信貴)の新勉強方法!今までの方法は非常識とバイキングで解説していました。 [バラエティ]

バイキング!(8/24)でビリギャル先生の坪田信貴が受験勉強方法の新常識として、
4つ紹介していました。
過去の勉強方法は非効率的です。と言っていました。
面白かったので、紹介します。m(__)m

坪田信貴.jpg
https://twitter.com/nobutakatsubotaより引用

1.暗記方法



英語の単語を覚える方法を一例に挙げていました。
受験では約8000語覚える必要が在ります。

「何回も書いて覚える暗記方法は効率が悪い。
また多く書いて覚えるのは、書く一文字が小さくなりがちです」
「書く回数が目的になりがちですので、
書いて覚えるは良い方法ではありません」

と解説。

正しい覚え方は、、
「英単語を1個だけ大きく書く」
でした。

これだと、学習ノートが増えますよね?
「単語は大きな字でノートに書いて覚えてください。
文字が大きなノートをいっぱい作って下さい」
と提案していました。

でも、この方法は、電車の中で見直すのは少々恥ずかしいですね。

2.数学の勉強方法



答えを間違えた時は、○○の赤ペンを入れましょう!

分数の割り算を例題に出しました。
2/3÷3/2=6/6・・・この答えは間違い

正しくは2/3×2/3=4/9が正解。

ここで、赤ペンを入れるのは、正しい答えの方ではなく、
間違った問題文の方に、赤ペンを入れてください。

2/3÷3/2=6/6

理由は、
「間違った問題を後から見直し、なぜ間違ったのかを、見直し事が出来るから」
です。

確かに、問題集の一覧の中から間違った問題を見つけるには良い方法です。
後から見直す時にいいですね。

やり直しの時の効率が上がります。


3.勉強中の休憩の入れ方



受験勉強中に休憩を入れると思いますが、
下記のどちらの方が良いのでしょうか?

a:切りの良いところで勉強を置く
b:切りの悪いところで勉強を置く

答え:bの「切りの悪いところで勉強を置く」の方が良いそうです。

理由は、これは、勉強を途中で置くと
「続きが気になり、すぐに勉強に戻りやすい」為だそうです。

確かに、作業の途中や勉強の途中で辞めると、続きが気になります。
(いつもではないですけどね....(^^ゞ)

この効果ですが、ちゃんと名前が付いていました。

「ツァイガルニク効果」と言うそうです。

ツァイガルニク効果ですが、
「未完成なものや中途半端なものが気になる人間の心理」
をいいます。

この心理を利用しましょう。と言っていました。

たとえで、
「ミロのビーナスが絶賛されるのは、両腕が無く未完成なのが良い。
観る人の想像力をかき立てるので」
と説明していました。
これは、少々こじつけですね。(^^ゞ


4.問題集の解き方



問題集の解き方ですが、わからない問題は、
「答えを観ながら問題を解いて下さい」
といっていました。

理由は、
「問題を解くことが目的ではなく、わからない問題を知る為に問題集を解きます。
わからない問題は、答えを観ながらでも解いて、解き方を習得して下さい」
と言っていました。

なるほど、解き方を習得するのが、問題集を解く目的なのですね。
これには納得しました。m(__)m

以上、ビリギャル先生(坪田信貴)の新勉強方法でした。
確かに、面白いですね。(*^^)


スポンサード リンク




nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。