So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

森下佳子さん2015年の柴咲コウ主演の大河ドラマの脚本を担当!その評価は? [ドラマ]

2017年のNHK大河ドラマが柴咲コウさん主演の「おんな城主 直虎」に決まりました。
脚本は「森下佳子」さんです。
この森下佳子さんですが、知る人ぞ知る脚本家でした。m(__)m

*森下佳子(もりした よしこ)



1971年1月24日生まれ
大阪府高槻市出身
東京大学文学部宗教学科卒業

森下佳子.jpg
http://honjitumorakuten.girly.jp/?p=3345より引用しました。

*脚本家への道



大学生時代に劇団「パンパラパラリーニ」を
たちあげ演出・脚本を担当。
これが原点のようですね。

卒業後、OLをしながらシナリオセンターで学びます。
そしてプロットライターとしてデビューします。
数ヶ月後に転機が訪れます。
TVドラマの脚本家コンペに参加します。
そのコンペが「平成夫婦茶碗」(2000年、日本テレビ)でした。
結局、このTVドラマで脚本家デビューを果たします。

*プロットライターとは?



プロットライターとは聞き慣れませね?
プロットとは、「ストーリーの要約である」
と辞典にありました。

物語の重要な出来事をまとめたもの。といいます。
またプロットは、因果関係だとの説明もありました。
では、ストーリーとの違いは?

プロット :「Aが逃げた。だから、Bが追った」
ストーリー:「Aが逃げた。逃げたAを追う為に車をBは用意し追った」
2つとも同じようなことを言っていますが、プロットは、
事実と因果関係(だからそうなった)だけを書いています。


*脚本家とは?



脚本は小説と違います。
「何時、何処で、誰が」を台詞(セリフ)とト書と柱書だけで書かれた
ドラマの進行表兼、設計図のことを脚本といいます。

ト書きは、登場人物の仕草や動作、照明や演出の大まかな指示をだします。
柱書は、ドラマ上の時間と場所を指定します。
これを、専門に書く方を脚本家といいます。

確かに、小説家とはずいぶん違いますね。
役者の台詞に始まり、役者の動き方、照明やセットの演出まで指示を出さなければ行けません。
プロットライターよりも遙かに難しいのがわかります。
ドラマの全てが頭に入っていないと出来ませんね。

*森下佳子さんの評価



調べてみて、輝かしい実績を残されていました。

◇受賞歴

・第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞「世界の中心で、愛をさけぶ」
・第63回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞「JIN-仁-」第1シーズン
・第69回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞「JIN-仁-」第2シーズン
・第32回向田邦子賞「ごちそうさん」
・第22回橋田賞
・第80回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞「ごちそうさん」
・第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞「天皇の料理番」


◇TVドラマ

・平成夫婦茶碗(2000年1月 - 3月、日本テレビ)
・続・平成夫婦茶碗(2002年1月 - 3月、日本テレビ)
・世界の中心で、愛をさけぶ(2004年7月 - 9月、TBS)
・白夜行(2006年1月 - 3月、TBS)
・佐々木夫妻の仁義なき戦い(2008年1月 - 3月、TBS)
・MR.BRAIN(2009年5月 - 7月、TBS)
・JIN-仁-(2009年10月 - 12月、2011年4月 - 6月、TBS)
・とんび(2013年1月 - 3月、TBS)
・ごちそうさん(2013年9月 - 2014年3月、NHK)
・天皇の料理番(2015年4月 - 6月、TBS)
・経世済民の男 第二部「小林一三?夢とそろばん?」(2015年9月、NHK)

以上、ウイッキペディア森下佳子より引用しました

どれも、話題になったドラマばかりですね。
JIN-仁-、ごちそうさん、天皇の料理番などは、印象に残っています。
特に、「ごちそうさん」は、森下佳子さんの書き下ろし作品だそうです。
これを見て才女だと思いました。m(__)m


*「おんな城主 直虎」



遠江(とおとうみ/現代の静岡県西部)を舞台に、
戦国時代に男の名で家督を継いだ、
おんな城主「井伊直虎」の生涯を描きます。

柴咲コウさんがNHKのドラマに出演するのは初めてのこと。

森下さんは、
「血湧き肉踊る戦国を直虎さんと共に、熱くしたたかに生き抜いていくのが、今から楽しみでならない状態になっています」
と話していました。

2017年(H29年)1月から放送開始です。

最近の大河ドラマは、設定とか時代考証が明らかにおかしい時があります。
ドラマを盛り上げる為なのですが、やり過ぎると鼻につきますね。
森下佳子さんの脚本ですので、あまり、時代考証を無視した無茶はしないと思います。
ドラマに期待したいです。


スポンサード リンク




nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。