So-net無料ブログ作成
検索選択

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

関山幸弘さんが、報道ステーションでトランペットを演奏していました。ホテルオークラ東京本館より中継。 [音楽]

報道ステーション(8/28)でトランペットを演奏されていたのは、関山 幸弘さんでした。
もうすぐ取り壊される、ホテルオークラ東京 本館より、LIVEで演奏されました。


*関山幸弘さんプロフィール



トランペット演奏者の関山幸弘(せきやま ゆきひろ)さんは、
NHK交響楽団 首席トランペット奏者です。

今年(2015年)還暦を迎えるにあたり、
NHK交響楽団を定年で退団されます。

関山幸弘02.jpg
http://hirosaki.keizai.biz/headline/159/より引用

1955年青森県弘前市生まれ。
武蔵野音楽大学卒業。

東京文化会館推薦音楽会に出演。
1979年 モーリス・アンドレ国際音楽コンクール・アンサンブル部門3位。
1983年 第49回日本音楽コンクール第1位。

1982年10月より文化庁在外研修員として米国イリノイ州のノースウェスタン大学に留学。
1983年 帰国と同時にNHK交響楽団に入団。
トランペットを中山冨士雄氏、V.チコヴィッツ氏に師事。

現在(2015年)NHK交響楽団首席トランペット奏者。
2015年に定年を迎え退団されます。

尚美音楽大学、武蔵野音楽大学各講師。
ソロやアンサンブル、後進の指導にも幅広く活動。

トランペットレッスンビデオ及びテキスト(東亜音楽社)発売中。
2003年大河ドラマ『武蔵』でソロを担当し好評を博した。

2004年12月ソロCD『トランペット・ソナタ集』
2005年12月ソロCD第2弾『Favorites -フェイヴァリッツ-』をリリース。

プロフィールはhttp://sekiyama.ath.cx/profile.htmlより引用しました。m(__)m

NHK交響楽団 首席トランペット奏者さんでした。
上手いはずです。
番組中、スローテンポの難しい曲を上手く演奏されていました。

ちなみに長男はオーボエ奏者の森幻貴大(SHINGEN Takahiro)さんです。
森幻さん、編曲家としてゲーム音楽の演奏もされています。
オーボエ奏者ですが、どうもゲーム音楽の方が本職のような感じがしますね。
自身のブログで、ゲーム音楽が大好き!と書き込みしていました。m(__)m

*演奏曲は?



演奏曲は、映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」
の挿入曲 「デボラのテーマ」でした。

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」とは?
1984年製作のアメリカ・イタリア合作のギャング映画。
セルジオ・レオーネ監督・脚本作品。
ロバート・デ・ニーロ主演
禁酒法時代のニューヨークの二人のギャングの話。
完全版は3時間49分も上映時間がありました。

デボラのテーマは、ヒロインのデボラを
主人公のデ・ニーロが回想するシーンで使われているそうです。

すみません。
私、この映画まともに見た記憶がございません。
なので、又聞きでの記述になっています。m(__)m

で、この曲ですが、ワンフレーズがものすごく長い曲です。
そして、ゆったりと流れます。
これを、トランペットでソロ演奏するのは、結構勇気がいりますね。
関山幸弘さんは、ベテランの技で最後まで聴かせてくれました。m(__)m

ちょっと演奏が古いのですが、
大阪ハーモニーのブラス隊が
「デボラのテーマ Deborah's Theme」を演奏していました。
YouTubeのリンクだけ貼っときます。m(__)m
https://youtu.be/0esIc0_3ZK8


*演奏した場所は、ホテルオークラ東京 本館でした。



ホテルオークラ東京 本館は、50年以上前に建てられました。
(1962年開業
日本の伝統美を色濃く残している。と、海外からも評判が高い建物です。
ですが、今年の夏(2015年夏)には、立て替えの為に閉鎖されます。
本館は、閉鎖後取り壊され、高層のホテルへと生まれ変ります。
新館は2019年春に開業予定です。

「東京五輪開催が大きな決断になった」
とホテルオークラの荻田敏宏社長は、話されていました。


*オークラ・ランターン



報道ステーションで、惜しまれつつ無くなる、
ホテルオークラの東京本館の紹介を少ししていました。

紹介していたものは2つで、
1つが「オークラ・ランターン」です。
もう一つが、梅の花を模して配置された円卓と椅子でした。

オークラ・ランターンは、切子玉型のランプです。
ロビーの高い天井からつられています。
独特な形状が、ホテルのロビーの雰囲気を決定づけていますね。

梅の花を模して配置された円卓と椅子は、開業当時からそのままの形で使われています。

ホテルオークラ東京本館ロビー.jpg

オークラランターン02.jpg
写真http://savetheokura.com/より引用しました。


*まとめ



この夏で、ホテルオークラ東京本館としばしのお別れになります。
その伝統あるロビーで、還暦を迎えられた関山幸弘さんのトランペットの音色が静かに響きます。

時間と歴史がとても感じられました。
この空間を生かし切った演出が素晴らしかったです。m(__)m


スポンサード リンク




nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。