So-net無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

水曜歌謡祭最終回に千秋登場!「ポケットビスケッツ」を生歌で披露!最終回は9月2日放送でした。感想あります。 [音楽]

水曜歌謡祭(9/2)に千秋さんが登場します。
「ポケットビスケッツ」の歌を生披露します。
年齢高めの人は懐かしいですが、
若い人は?ではないでしょうか!(^^ゞ
「ポケットビスケッツ」を少し振り返りました。

千秋.jpg
http://www.fujitv.co.jp/kayosai/index.html#artist_titより引用

*今、試聴しました。感想をこの下に追記しました。m(__)m
まえまえからの噂通り、水曜歌謡祭は今回が最終回でした。( ・_・;)

*「ポケットビスケッツ」とは?



千秋さん、「キャイ~ン」のウド鈴木さん、
「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんの3人で組んでいた音楽ユニットです。

バラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」の一つの企画から誕生。
1995年~2000年まで活動しています。
通称「ポケビ」で、こちらの方が通っています。

◇楽器の担当は次の通りです。

内村テル(TERU):キーボード
坂本千秋(CHIAKI):ボーカル
独活野大木(UDO):ショルダーキーボード、ギター、電子ドラム

舞台では3人が本当に演奏しながら歌っていました。
ウドさんショルダーキーボードを器用に演奏していました。

当時、TVで放送していましたが、コンサート前の生演奏の緊張がすごかったこと覚えています。


ポケットビスケッツ/スーパー・ベスト
(邦楽) 【CDアルバム】

[PR楽天市場]

*ミリオンを3枚持っています!!



ポケビですが、企画物のバンドかとおもいきあ、
なんと、ミリオンを3枚も持っています。

「YELLOW YELLOW HAPPY」(1996年9月4日)
「Red Angel」(1997年1月22日)
「Power」(1998年7月22日)

が100万枚発売しています。

ダウンロード販売など無い時代ですので、
企画物のCDとしてはすごいことだと思います!!

ここ、少し訂正します。
企画物のバンドにしては売上がすごいのはそのままですが、
CD全盛期だからこそ、100万枚売れたのですね。
番組を観て改めました。m(__)m

ポケビの販売枚数ですが、当時、小学生でも買いやすいように500円で販売しました。(通常は1000円)

1997年12月28日には日本武道館で単独ライブも開催しています。

第49回NHK紅白歌合戦(1998年・平成10年)にも出場しています。
この時は、「ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツスペシャルバンド」として出場しています。

追記:
番組を観て平成のCD売上を観ていると、AKB48がダントツでミリオンを連発しています。
番組中の紹介では23曲もミリオンでした。
これもすごいですね!

ちなみに、AKB48の前にミリオンCDを発売したのは、
「千の風になって」秋川雅史さんでした。

2006年5月発売で、2007年に100万枚を突破したそうです。(111.5万枚発売)
今回は、水曜歌謡祭の最後を飾っていました。

◇3曲とも千秋さんさんが作詞しました



この三曲ですが、作詞は千秋さん。
作曲はパッパラー河合さんです。

千秋さんは
「番組の企画物という中で、どこまで真面目に作ればよいのか悩みながらの作詞しました」
と回顧していました。

千秋さん、歌手になりたい夢があったそうです。
バラエティー番組の企画から夢が叶いました。
これらの曲を歌う時は、特別の感情があるみたいです。

今回は、千秋さんだけの出演ですね。

自身のTwitterで心境をUPしています。

「今週、生放送で超久しぶりにポケビ歌うよ」
「歌う前って練習とか発声とかしなくていいんだっけ?いつもいきなり歌ってたんだけど年齢的にそろそろなんか準備した方がいいよね?ミュージシャンの方々教えて!!!」

なんか、わくわくしている感じが伝わりますね。(ノ^^)ノ

どの様なパーフォーマンスを見せてくれるのか?楽しみです。(*^^)

追記:当時のポケビについて。



番組の企画物としてグループがスタートしていました。
グループを続けるには、○○が出来なかったら即解散!
といった厳しい足かせが突きつけられました。

この○○は、いくつもありました。

例えば

「祝・ヒットチャートベスト10入り企画」と銘打って15種類の利き酒を行うことを要求。
「成功したら初ライブ・失敗したら即解散」という条件で対決が行われた。

とウイッキペディアにありました。
ウイッキペディア「ポケットビスケッツ」より引用しました

見事に、この条件をクリアし初ライブを開催しました。
ですが、対決に負けてデモテープを破壊されたこともあります。

くだらないのですが、千秋さんは本気で歌いたかったと思います。
なので、ポケビのチームやスタッフの皆が支えました。

ヒットは、その歌いたいという真摯な態度に視聴者が共感したのでは?といわれています。

このバラエティー番組の企画には少々腹立たしく思いますが、
そのお陰で、今でも名曲が聴けると思うと複雑な心境ですね。

少々、気合いを入れて試聴したいと思いました。m(__)m

*感想
「YELLOW YELLOW HAPPY」を歌いました。
久しぶりに聞く、千秋さんの歌声は相変わらず上手いな~!と、思いました。

司会の渡部建さんが、「いつのの千秋さんと雰囲気と違う!」と、言っていました。
これは、私もそう感じました。
バラエティー番組に比べて、キリッと引き締まった感じです。

振り付けも結構キレがよく、感心しました。

黒のTシャツ。
ヒダがついた短パン。
しましまのロングソックス。
濃い緑色の帽子(昔の空軍のパイロットさんが被るような奴)に、
小さなピンバッチをいっぱいつけていました。
これも、90年代風で懐かしい感じでした。(*^^)

TVで歌ったの17年ぶりだそうですね。
久しぶりに、いい曲を聴かせていただきました。
水曜歌謡祭のスタッフに感謝です。m(__)m

追伸:水曜歌謡祭ですが、本日で最終回でした。
次回は10/16に、23:30から新しい音楽番組として再出発するそうです。
司会は、変らず渡部建(42)さんと森高千里(46)さんです。

深夜版は生放送ではないですよね。(^^ゞ
もっと、ジャニーズ系のアーティストも登場するのか?
この辺も、興味が尽きません。

いろいろいわれていますが、水曜歌謡祭は楽しまさせていただきました。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。m(__)m


スポンサード リンク




nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。