So-net無料ブログ作成

トレンドFan

ネットやTVで気になるニュースをわかりやすく紹介します。m(__)m

 

大型巡視船あきつしまとは?天皇・皇后両陛下パラオ訪問であきつしまに宿泊します。 [ニュース]

天皇・皇后両陛下が4月にパラオ共和国を訪問されます。

特に激戦地のペリリュー島では、日本政府が設置した
「西太平洋戦没者の碑」と、
米軍の慰霊碑にも供花する予定です。





4月8日に羽田空港からチャーター機で出発。
パラオ国際空港へ。

パラオで、パラオ共和国、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国の
3ヶ国の大統領夫妻達と晩餐会の予定です。


問題は、パラオからペリリュー島までの移動でした。
これは、海上保安庁の大型ヘリ(ユーロコプター EC 225・標準で19座席を配置)を、
利用することになりました。


そのいきさつで、ヘリコプターを運ぶ海上保安庁の大型巡視船「あきつしま」が、
両陛下の宿泊先に選ばれたそうです。

akitsushima_.jpg
写真はhttp://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/equip/より引用

パラオ島内での宿泊も検討されたそうですが、
パラオ国際空港まで距離があり、
日程的に窮屈だったのが理由だそうです。

船舶に宿泊されるのは、初めてのことです。
異例の決定だったようですね。

船長室に宿泊される予定だそうです。

あきつしまでは宿泊の為に、

大型ベットを入れたり(二人用のベットがない為)、
手すりを新たに設置したり(最大傾斜50度の階段があります)。

床は浸水防止用の仕切り板が剥きだしになっています。
両陛下が通られる恐れのある通路にはスロープを設置。
そうして両陛下をお迎えする準備をしたそうです。

客船では無いことが良くわかりますね。

大型巡視船「あきつしま」とは?

海上保安庁が保有する最大の巡視船です。
大型ヘリコプターを2機搭載します。

性能
あきつしま(PLH32)
総トン数:7,175トン
排水量:満載時で9,350トン
全長:150m
全幅:16.5m
吃水:7m
機関:ディーゼルエンジン2基
速力:25ノット(46km/h)
航続距離:20,000海里
乗員:110名+航空要員30名
兵装:40mm単装機銃×2基
  :20mm機銃×2基
2013年11月28日竣工

昨年は小笠原諸島での紅珊瑚密漁事件の時、巡視にこの船を使ったそうです。

「あきつしま」竣工の理由

2009年に海賊対処法が成立。
任務を海上保安庁が追うことになる。

そのため、船を遠隔地に常時1隻派遣できるように、
大型巡視船を2隻体勢にする必要になった。

本船は、そのための2隻目に当ります。
(1隻目は、1992年4月に竣工した「しきしま」)

1隻目の「しきしま」は、プルトニュウム運搬船護衛用に作られました。
(現在はこの任務にはついていないようです)

そのため、航海の途中で寄港しなくても良いように、
長距離航行が出来る用に設計されています。

また、海賊船に襲撃されてミサイルやロケット砲で攻撃されても、
容易に沈まないように設計されているそうです。

「しきしま」には、軍用レーダー(OSP-14)も、搭載されています。
(もともとプルトニュウム運搬護衛艦として建造されたため)

ですが、「あきつしま」には、必要ないということで
軍用レーダーまでは、搭載されていません。

また、内部の構造も機密だそうです。
(テロの標的になった時の対策のため)


なるほど、両陛下がお泊まりになっても大丈夫なわけが解ります。

無事のご帰国を願います。m(__)m

追記(2015年4月9日)
両陛下、先ほど無事に日本に帰国されました。
ニュースで、アンガウル島(ペリリュー島の南、約10Kmの所にある島)
にも、深くお辞儀をしていたところが、印象的でした。

なにはともあれ、ご無事のご帰国で良かったです。m(__)m

スポンサード リンク




nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。